丸永手袋株式会社

丸永手袋のこだわり

素材について

素材について

当社の主力商品には、「両面織機」の素材を使用しております。
両面織は、表・裏の区別のない素材です。

この生地が伸びる時、同様に伸びた分だけ縮むため、身体の動きに合わせてフィットし、足の指の動きに合わせて変化するので負担がなく非常に楽に履いて頂ける素材です。

何よりも方向にこだわった裁断と縫製により、長くご利用頂ける商品として皆様にご利用頂いております。

生地織技術

生地織技術

当社使用の「両面織機」で編まれた生地は、別名インターロックとも呼ばれており、また生地表面が滑らかなところからスムースと呼ばれています。
生地両面共に表地に見える組織です。

組織上、伸縮性に優れ型崩れしにくい編地ですが、使用する糸にもこだわり、糸の嵩高性・捲縮をUPさせる加工条件にて作られた糸で編まれた生地となっています。

創業当時、手袋の製造販売を行っていた当社が、足袋やホームカバーの生産を開始するきっかけとなりました。

この生地が完成するまで、何十種類という糸の中から選定し、両面が織れて且つ伝線のしない生地となる糸を発見するまで7年から8年の歳月がかかりました。他社もまねのできない生地として、現在でも主力製品として活躍しております。当時の織物技術が現在の足袋カバー・ホームカバーの製造に活かされています。

丸永手袋へのお問い合わせのご案内

お電話・FAX・メールにてご依頼を受付けております。

TEL:0879-25-3337 
FAX:0879-25-2698

メールはこちら